お風呂・キッチン・水回りのリフォームならテッパンリフォーム

  • 電話番号
  • LINEからお問い合わせ
  • リフォーム相談

壁付キッチンの魅力を再発見

昨今、お家の間取りの人気はLDKタイプでリビング・キッチンがつながっているタイプが主流となり、それに付随して選ばれるキッチンも、対面式のアイランド型キッチンや、ペニンシュラ型のキッチンが多くなっています。

しかし昔ながらのキッチンで壁付キッチンの人気も改めて、使い勝手の良さもあり、選んでよかったというご家庭が多いのも事実なのです。

ここでは、あらためて壁付キッチンの魅力を再発見するとともに、デメリットも含めて解説していきます。

レイアウト例

壁付キッチンのメリット

壁付キッチンのデメリット

壁付キッチンの間取りを生かすレイアウト

壁付けキッチンの後ろ側にダイニングテーブルを設置すれば、配膳や片付けがぐっと楽になります。

ダイニングテーブルに座りながら、お料理の合間に一休みすることもできますね。

キッチンの作業スペースが混み合っているときには、作業台がわりにダイニングテーブルの上で作業が出来て動線もとりやすく便利です。

キッチンとダイニングの動線が短くなりコンパクトなレイアウトになるので、その分リビングが広く使えるでしょう。

壁付キッチンをおすすめしたいお家は?

日頃からキッチンの片付けや整理整頓を徹底している

壁側にくっついているキッチンの場合、リビングから見た場合調理スペースや洗い場が丸見えになるので普段からお掃除や整理整頓を徹底しているお家には、壁付キッチンのデメリットでもあるリビングから丸見えだったとしても自信をもって見せることが出来ますね。

インテリアアイテムとしてキッチンを見せたい

最近のシステムキッチンは、デザインや色など、自分好みなものを選ぶことが出来ます。

考えて考えてリフォームしたキッチンが自慢のキッチンに変わりますので、リビングからの眺めでテンションをあげるもよし、遊びに来たお友達にさりげなく自慢しちゃうのもいいですね。

LDKが細長くてキッチンのレイアウトに悩んでいる

近ごろの住まいは、キッチン、ダイニング、リビングの3つのスペースを一つの空間まとめた「LDK」の間取りが増えています。

LDKの間取りの場合、3つのスペースの取り方により、居心地の良さや家事のしやすさが変わってきます。

リビング・ダイニング・キッチンこのスペースが細長い場合だと、生活スペースを確保するためにも、リビングとは分けて考える方が、くつろぎ空間をキープすることが出来ます。

壁付キッチンを選ぶとダイニングテーブルとの距離を縮めることで、お料理中のサブテーブルとして利用できたり、お食事を配膳する時の動線も取りやすいので、壁付キッチンを選ぶのに適したお家といえるでしょう。

一人でじっくり集中しながら調理を楽しみたい

壁付キッチンのデメリットとして、リビングに背を向ける形になることで、家族とのコミュニケーションがとりづらくなるというのがありますが、逆にこのデメリットが、メリットになるのです。

お料理を作る時は、集中して取り掛かりたい!という方には最適なキッチンと言えるでしょう。

揚げ物などをよくするので油煙や臭いが広がるのが気になる

アイランド型やペニンシュラ型のような対面式のキッチンでは、おしゃれな空間を演出してくれるというメリットが、ある反面、油のはねや、水はねに注意が必要という難点もあるのです。

その反面、壁付キッチンの場合、片側が壁にひっついているのとキッチンの正面が壁を向いており、換気扇も壁付けになります。料理のにおいや音、煙については、対面式よりも壁付け式の方がリビングやダイニングなどの生活スペースに広がりにくいでしょう。

また、リビングやダイニングに面していないため、水や油がはねることがなく、対面式と比べて掃除も楽です。

壁付キッチンを選んで後悔しないために

壁をおしゃれにレイアウトする。

リビングから調理をする方は、背をむける位置になりますが、壁面をおしゃれにレイアウトすることで、リビングからの眺めもよくなりますので、お家にいながらにしておしゃれなカフェにいるような感覚を味わえるかもしれません。

窓を作る。

リフォームでは、もともと窓があるお家は、間取りを最大限活かすためにも壁付キッチンを選ばれることが多いです。

窓があることで窓からの景色も、キッチンの一部として癒されますし、換気もしやすくなります。

最近は、狭いスペースでも広く見せる効果があるのもあり、壁付キッチンを選ぶおうちの場合、間取りを活かし、窓も作りたいといわれるお家も多くなりました。

収納スペースを確保し、キッチン下の収納を有効利用する。

壁付キッチンの場合、アイランド型キッチンに比べると丸見え状態ではないので収納スペースを作りやすくなります。

作業台兼収納になるキャビネットを選んで、機能性を高めてみたり、キッチン下の収納を充実させるのもいいですね。

外からは見えない部分ですが、100円ショップなどで道具をそろえてご自身で簡単DIYしてみるのも、おすすめです。

まとめ

住宅事情の変化からLDKの間取りのお家が増えたことにより一時は、独立キッチンで良く採用されていた壁付キッチンが選ばれなくなってきていましたが、今回お話ししたようにたくさんのメリットもありますので、ご自身のライフスタイルにあわせてキッチンを選択する参考にされてみてくださいね。


お風呂・キッチンなどリフォームのご相談・お見積りはお気軽にどうぞ。