お風呂・キッチン・水回りのリフォームならテッパンリフォーム

  • 電話番号
  • LINEからお問い合わせ
  • リフォーム相談

リフォーム中も快適に!住みながらお風呂リフォームのアイデア

お風呂のリフォームは、住みながら行うという選択肢があります。

しかし、家族の生活に多大な影響を与える為、リフォーム期間は多くの不便が伴い大きな不安になるのではないでしょうか。

この記事を読めば、不安を少しでも軽減し、前向きな気持ちになることに役に立つはずです。

住みながらお風呂リフォームのメリット

住みながらお風呂リフォームのメリット

お風呂リフォームを住みながら行うことで、工期短縮や費用削減などのメリットがあります。

家族の生活に大きな影響を与えるため、リフォーム期間を短縮することでストレスを軽減することができます。また、一度に全ての工事を行わない分、費用の負担も軽減されます。

更に、住みながらリフォームを行うことで、細かいニーズや変更を即座に反映することができ、お客様の希望に合わせたリフォームを行うことができます。

住みながらお風呂リフォームのデメリット

住みながらお風呂リフォームのデメリット

リフォーム期間中は住居内での生活に不便が生じることがあります。

具体的なデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

住みながらお風呂リフォームのポイント

住みながらお風呂リフォームのポイント

リフォームの計画段階で考慮すべきポイントは以下の通りです。

POINTリフォーム計画の最重要ポイントは信頼できるリフォーム会社の選定。家族で予算とリフォーム範囲を決め、工期を考慮したスケジュールを立てることも重要。これによって、スムーズなリフォームが実現できます。

お風呂リフォームのアイデア

お風呂リフォームのアイデア

せっかくお風呂リフォームをするのであればもっと快適に過ごせるアイデアを紹介します。

■節水・省エネ設備の導入

お風呂リフォームにおいて、節水・省エネ設備の導入は注目すべきアイデアです。例えば、省エネ給湯器の導入や、水圧調整シャワーヘッド、自動お湯はりシステム、断熱材の使用などが挙げられます。

これらの設備の導入により、水道代やガス代の節約だけでなく、環境にも優しい暮らしを実現することができます。

ただし、設備の導入には初期費用が必要であるため、予算の範囲内での導入を検討することが大切です。

■トイレと脱衣室を合わせる

トイレと脱衣室を合わせることで、省スペース化や家族の生活スタイルに合わせた快適な空間の確保が可能です。収納スペースや洗濯機置き場を共有することで、スペース効率の良い空間が生まれます。

また、一緒に洗面台を設置することで、水回りの移動が少なくなり、家事の負担が軽減されます。

しかし、トイレの使用時に脱衣室が不便になることや、換気の問題などもあるため、注意が必要です。事前にリフォーム会社と相談し、プランを練ることが重要です。

■脱衣室とWICを合わせる

脱衣室とWIC(ウォークインクローゼット)を合わせることで、収納スペースを増やし、部屋の有効活用ができます。洋服やバッグ、靴などを収納するためのスペースが確保でき、脱衣室のスペースも節約できます。

WICには収納スペースだけでなく、ドレッサーやミラー、スツールなども設置することで、より快適な空間を実現できます。

ただし、設置場所やスペースの確保、収納アイテムの選定など、計画段階で細かな配慮が必要です。

■大型窓を設置する

お風呂リフォームのアイデアの1つに、大型窓の設置があります。大きな窓を設けることで、自然光や景色を楽しみながらお風呂に入ることができます。また、換気がしやすくなり、湿気のこもりにくい快適な空間を実現できます。

大型窓は、風呂の位置や周囲の環境に合わせて設計することで、美しい景色とプライバシーのバランスを考慮することができます。

ただし、プライバシーを確保するための対策も必要であるため、遮光やシェードなどの設備も併せて考慮する必要があります

■天井高を上げる

お風呂リフォームのアイデアとして、天井高を上げることで開放感のある空間を演出できます。

天井を高くすることで、湯船に浸かりながらの狭苦しさを解消できるだけでなく、水蒸気や湿気の排出もしやすくなり、お風呂場全体のメンテナンスもしやすくなります。

天井を上げるためには、建物の構造や予算面などを考慮する必要がありますが、プロのリフォーム会社と相談することで実現できます。

住みながらお風呂リフォームの注意点

住みながらお風呂リフォームには、水漏れや騒音、工事の進行や作業スペースの確保などの問題があります。

注意点として、十分な配慮とコミュニケーションが必要であり、特に水道や電気の配管を中心に細心の注意が必要です。

また、家族のプライバシーの確保や、工事中のストレスや疲労を軽減する工夫も必要です。

工期の遅れやコストの上昇を避けるためにも、事前にしっかりと計画を立て、専門家のアドバイスを取り入れることが重要です。

まとめ

住みながらお風呂リフォームを行う際は、家族全員の生活スタイルを把握し、工事期間中の水回りの使用や生活スペースの確保を考慮する必要があります。

また、工事の際には防塵シートや養生テープなどの準備をし、生活空間と工事現場をしっかりと分けることも大切です。

さらに、工事内容やスケジュールについてリフォーム業者と十分なコミュニケーションを取り、トラブルを未然に防ぐことも重要です。

リフォーム期間は多くの不便が伴い大きな不安も招くと思います。しかし、その期間割り切って銭湯に行ったりなど、家族でその期間を楽しむ事もできるのではないかとも思います。

新たな素敵なお風呂のために、リフォーム期間を乗り越える勇気が一歩踏み出してもらえれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

TEPPAN REFORMでは、お風呂・キッチンなどの各種リフォームを承っております。リフォームの事でわからない点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

理想のお風呂を適正価格で。無料お見積もりはこちらから。

お風呂・キッチンなどリフォームのご相談・お見積りはお気軽にどうぞ。