お風呂・キッチン・水回りのリフォームならテッパンリフォーム

  • 電話番号
  • LINEからお問い合わせ
  • リフォーム相談

お風呂リフォームの失敗と成功:トラブルを回避するために

お風呂リフォームの失敗と成功:トラブルを回避するために

お風呂リフォームは決して安い買い物ではないので、業者選びや商品選びで失敗したくありませんよね。

万が一施工上のトラブルなどが起きた場合、追加費用が発生してしまったり、そうでなくても余計な手間を取られたりストレスを被ってしまうこともあります。

では、お風呂リフォームを無事に完了させるにはどのような点に気をつければよいのでしょうか?

はじめに:失敗しないお風呂リフォーム

お風呂リフォームは、リフォーム業者選びをはじめ、工事費用や工期など多くの課題があります。そうした課題を乗り越えることで、快適なバスタイムを実現することができます。

こちらの記事では、お風呂リフォームにおけるトラブルと成功例をご紹介し、トラブルを避けるための注意点・リフォーム成功のポイントをお伝えします。お風呂のリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

お風呂リフォームのトラブル

まずは、お風呂リフォームにおいて起こりうるトラブルについて紹介します。

お風呂リフォームは、工事費用や工期、リフォーム業者選びなど多くの課題があるため、トラブルが発生することも珍しくありません。例えば、工事費用の増加、工期の延長、工事の不備、施工ミス、そして業者選びの失敗などが代表的なトラブル事例です。

これらのトラブル事例を取り上げ、なぜトラブルが発生するのか、どのように回避するのか、そして業者選びの際に注意すべき点などを解説します。

お風呂リフォームにおけるトラブルの例

大幅な予算オーバー

大幅な予算オーバー

予算オーバーは、お風呂リフォームにおいて最もよくあるトラブルのひとつでしょう。原因としては、以下のことが挙げられます。

予算オーバーを回避するためには、事前にリフォームの内容をしっかりと検討し、適切な予算を設定することが大切です。

リフォーム業者選びも重要であり、信頼できる業者を選ぶことで、不必要な費用をかけずにリフォームを完了することができます。

延びた工期

延びた工期

工期の延びは、現地調査時の見落とし、設計や施工ミス、材料の不足など、主に施工店の不手際が原因となり発生します。

例えば、リフォーム業者が事前に説明した期間よりも遥かに長い期間工事が続いてしまうと、家族の生活や家計に大きな影響を与えることになります。また、工事中の騒音やゴミの処理なども長期化するため、隣近所とのトラブルにもつながります。

このような工期の延びを回避するためには、リフォーム業者の信頼性や実績を確認することが重要です。

施工ミス発覚、からの再工事

施工ミス発覚、からの再工事

施工ミスは、お風呂リフォームにおいて起こりうる最悪のトラブルのひとつです。

施工業者が適切な知識や技術を持たずに工事を進めたことや、意図しない不具合が発生により施工の不備が発覚した場合には、不良箇所を特定し再度工事をする必要が生じます。

ある事例では、新しいバスタブを設置した際に排水管が不適切な位置に設置され、浴槽の水が逆流してしまうというトラブルが起こりました。結果として、排水口周辺に浴槽内の水が溜まってしまい、再工事が必要となりました。

工事におけるミスですから、再工事のための費用は施工店が負担しました。しかし、工事完了が延びたことでお客様は銭湯通いを余儀なくされてしまいました。

工事前にはきちんと確認・打ち合わせを行うことが重要ですが、工事にまつわるミスをお客様が見抜くことは困難でしょう。やはり、適切な業者選びが大切だと言えます。

お風呂リフォームの成功事例

お風呂リフォームの成功事例

お風呂リフォームの成功事例には、やはり信頼できるリフォーム業者を探して依頼したという背景があることがほとんどです。

プロの技術や経験を生かした高品質かつ効率的な工事が可能であるため、予算オーバーや工期の延びなどのリスクを低減できます。専門知識を持った設計者が提案するデザインや間取りの改善によって、快適で使い勝手の良いお風呂に生まれ変わらせることもできます。

また、自分でリフォームする、いわゆるDIYでお風呂リフォームを成功させる例もあります。DIYショップやDIY経験のある知人にアドバイスを受けることで、失敗しがちな問題を回避できるでしょう。

プロに依頼するかDIYするかは、自分のスキルやリフォームしたい箇所、予算や工期などによって選ぶ必要があります。

失敗しないお風呂リフォームのポイント

お風呂リフォームは長くお家に住まう中で欠かすことのできないものですが、販売店や工事店との間に何かしらのトラブルが発生してしまうことは珍しくありません。リフォームを計画する際には、ありがちな失敗を知り、似たようなトラブルを避けていくことが大切です。

ここからは、それぞれのトラブルを回避するためのアドバイスをお届けします。

予算の見積もりについて

予算の見積もりについて

お風呂リフォームの予算は、素材や設備の種類、工事の規模などによって大きく異なるため、正確な見積もりが必要です。そのためには、複数の業者から見積もりを取り、金額を比較することが大切です。

また、見積もりを依頼する前に、自分の希望するリフォーム内容や予算の上限を明確にすることが重要です。見積もりに含まれている項目をしっかり確認し、見積もりと実際の工事内容に差異がないかを確認しましょう。

見積もりが明確であれば、後から追加費用が発生することも少なくなり、予算オーバーのリスクを回避することができます。

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方においては、信頼性や技術力を確認することが大切です。

まずはホームページや口コミ、評判を参考にすると良いでしょう。また、直接業者に見積もりを依頼した際に、担当者が丁寧かつ分かりやすい説明ができているかどうかも見逃してはいけないポイントです。

極端に安い見積もりには注意が必要で、材料や工程の不足による手抜き工事や、オプション料金の請求など、悪質な業者の場合もあります。そのため、信頼できるリフォーム業者に出会うためには、複数の業者と比較し、調査・検討することが大切です。

また、契約書には必ず目を通し、詳細に確認するようにしましょう。リフォーム業者選びに慎重になることで、トラブルや失敗を避け、スムーズなリフォームができる可能性が高くなります。

施工前の設計段階での注意点

施工前の設計段階での注意点

トラブルのないお風呂リフォームには、施工前の設計段階における注意が欠かせません。まず、風呂の使い方やサイズ、機能などをしっかりと考え、具体的なイメージを持つことが大切です。

また、機能面だけでなく、デザインにも注目しましょう。例えば、浴槽の形状や配色などは、リフォーム後の風呂の雰囲気を左右する重要な要素です。

さらに、リフォーム業者には、工事前に模型や図面を提示してもらうことで、実際の仕上がりをイメージしやすくなります。納得のいく設計を経て工事に入ることが、トラブルのないお風呂リフォームに繋がります。

工事進捗の把握

工事進捗の把握

工事中、リフォームの進行状況を把握することも大切です。

リフォーム業者との打ち合わせの際には、工事の進捗報告について話し合っておくと安心でしょう。例えば作業終了時に現状の報告をしてもらったり、写真や動画で作業の様子を確認するという方法があります。

工事中にはトラブルが起こる可能性があるため、リフォーム業者とのコミュニケーションを密に取ることも重要です。工事進行中に何か問題があった場合には、すぐに連絡を取り合うことで、迅速かつ適切な対処ができます。

工事が完了した後も、使いはじめは何か不具合が出ないかと不安があるかもしれません。気になることがあればリフォーム業者に相談することで、安心して利用できるようになるでしょう。

まとめ:お風呂リフォームのトラブルを回避するために

お風呂リフォームのトラブルを回避するために

お風呂リフォームには多くの失敗談がありますが、それを避けるためには今回紹介したような注意点を押さえておくことが重要です。予算の見積もり、リフォーム業者の選び方、施工前の設計段階での注意点、工事進捗の把握など、様々なポイントがあります。

成功例を見ても、注意点を押さえた上でプロに依頼していることがほとんどです。施工前にしっかりと設計を行い、必要な費用や工程、仕上がりイメージを明確にすることが大切です。

また、工事中も適宜チェックを行い、問題なく工事が執り行われているかの確認するようにしましょう。

お風呂リフォームは、家族の生活に直結する大切な工事です。快適になるためのお風呂リフォームでトラブルに巻き込まれて嫌な思いをしないよう、十分な準備と注意を払い、トラブルのないお風呂リフォームを目指しましょう!

理想のお風呂を適正価格で。無料お見積もりはこちらから。

お風呂・キッチンなどリフォームのご相談・お見積りはお気軽にどうぞ。